私の「お祈りメール集」不採用通知・メール集 2012卒版

私が学生時代に新卒の就職活動していた1年間に受信した「お祈りメール集」です。不採用通知や不採用メールのテンプレートや例文等にご使用ください。わざと時間を置いてから投稿しています。

お祈りメールとは

お祈りメールとは、不採用通知のメールにおいて、文書の最後に「今後のご活躍を心よりお祈り申し上げます。」とテンプレート・例文的に記されることから名付けられた俗称です。

つまり、採用試験・面接において不採用になったことをいいます。

私について

ご挨拶

日頃より当サイトご覧いただきありがとうございます。

当ブログを更新していたのは3年近く前になりますが、
その間にじわじわとtwitterでバズられたり、
「お祈りメール」で検索すると上位に出てきたりと、
当サイトのアクセス数が今になって伸びてきました。

私は就職活動ではかなり苦戦しましたが、
最後の最後で内定をいただき、今は小さな会社で働いています。

就職難が社会問題となっている今、
私の同級生にも就職出来ずに卒業を迎えたり、
非正規雇用で働いている同級生が多いです。

そういった若者が報われる社会に
どうか向かって行くことをお祈り申し上げます。

【2016/07/16 追記】
転職活動を始めました。
ですが、また大量のお祈りメールが…

【転職活動編】第16弾のお祈りメール

○○様

お世話になっております。
××です。

先日は、ご足労いただきありがとうございました。
面談の結果及び、ご登録データをもとに、
社内で検討を重ねておりましたが、
まことに残念ながら、今回は選考を見合わせていただく結論になりました。

弊社にご関心をお寄せいただいたにも関わらず
不本意な結果となり、大変恐縮ではございますが
何卒ご了承いただければ幸いです。

末筆ながら、○○様の今後益々のご活躍を
お祈り申し上げます。

面接では良い雰囲気で終わりましたが、不採用になりました。

面接してくれた方は男性なのに爪が長くて気持ち悪かったです。

【転職活動編】第15弾のお祈りメール

○○様

お世話になっております。
××の××です。

先日は面談にお越しいただきありがとうございます。

このたび社内メンバーにて慎重に選考を進めた結果、
誠に残念ながら貴意に添いかねる結果となりました。

このようなご連絡しかできず大変恐縮でございます。
何卒ご了承いただけますと幸いです。

末筆ながら、○○様の今後のご活躍を心よりお祈り申し上げます。
ご応募いただき、誠にありがとうございました。

質問をしたら現職の会社を否定され悪口を言われました。

【転職活動編】第14弾のお祈りメール

○○様

お世話になっております。
××人事部でございます。

この度は弊社選考をお受けいただき誠にありがとうございました。
頂戴いたしました応募書類をもとに選考を進めさせていただきましたが、
残念ながら、今回は○○様とご縁を持つことが出来ず、

本選考においてはお見送りという結果になりました。
面談のお時間もいただいた中、誠に申し訳ありません。

限られた採用枠に対して多数のご応募を頂いており、
慎重に選考を進め、判断させていただいた結果でございます。
誠に恐縮ではございますが、何卒ご理解をいただけますと幸いです。

末筆ではございますが、今後の○○様のご健勝をお祈り申し上げます。

カジュアル面談って形で行ったのですが、その後にお祈りメールが来ました。

【転職活動編】第13弾のお祈りメール

○○様

お世話になっております。
株式会社××採用担当でございます。

先日は面接にお越しいただきまして、誠にありがとうございました。

弊社の状況及び貴殿のご経験などを勘案し、慎重に検討致しました結果、
弊社では貴殿にご活躍いただける場がご提供できないという結論に至りました。

誠に心苦しい限りではございますが、
何卒、ご了承いただきますようお願い致します。

末筆ながら、貴殿の今後益々のご活躍を心よりお祈り申し上げます。

3回も面接に行ったのですが、落ちました。

【転職活動編】第12弾のお祈りメール

○○様

××の採用担当です。

先日はお忙しい中、弊社の選考にお越しいただき誠に有難うございました。
社内にて、慎重に選考をさせて頂きました結果
誠に残念ではございますが今回は採用を見合わせていただくことになりました。
ご期待に添えず恐縮ですがなにとぞご了承くださいますようお願い申し上げます。

○○様からお預かりいたしました書類は弊社にて責任をもって破棄させて頂きますので
併せてご了承下さいませ。

多数の企業の中から弊社にご応募いただきましたことに感謝するとともに
○○様の、より一層のご活躍をお祈り申し上げます。

面接で質問した時に熱心に答えてくれたので、脈アリと思ったのですがダメでした。

【転職活動編】第11弾のお祈りメール

××採用担当××でございます。
この度は、××の採用にご興味をお持ちいただきまして誠に有難うございました。

今回の選考におきまして、慎重に検討を行いましたところ、
誠に残念では御座いますが、今回は貴意に添いかねる結果となりました。
何卒悪しからずご了承くださいますようお願い申し上げます。

またご縁が御座いました際には、どうぞ宜しくお願い致します。

末筆ではございますが、
○○様の今後のご活躍を心よりお祈り申し上げます。

未経験OKとあったので応募してみましたが、面接以前にWEBテストで落ちました。

【転職活動編】第10弾 辞退しても祈られる 東証一部上場企業

××の採用担当でございます。 

お忙しい中、ご連絡いただきありがとうございます。 

この度は残念ながら、選考をご辞退なさるとのこと承りました。 
今後何かご縁がございましたら、 
その時はまたよろしくお願い申し上げます。 

また、差し支えなければご理由をお伺いできますでしょうか。 
今後の採用活動の参考にさせていただければと存じます。 

ご多忙のところ恐れ入りますが、 
何卒よろしくお願いいたします。

東証一部上場で社員数が2万人ぐらいいるIT企業です。

3回も面接に行って内定が出たのですが、提示された年収が270万でした。
さすがに無理なので辞退しました。

その会社の評判サイトをみたら、給料が低くて30歳手前で退職する人が多いらしいです。

東証一部の会社でもケチな会社ってあるんですね。

【転職活動編】第9弾 辞退しても祈られる

辞退してもお祈りメールが来ます。

○○様

××採用担当でございます。

この度の選考ご辞退の旨、承りました。
誠に残念ではございますが、○○様の転職活動のご成功と
その後のご活躍を心よりお祈り申し上げます。

【転職活動編】第8弾のお祈りメール

○○ 様

××株式会社人事採用担当です。
先日は面接にお越しいただきまして、誠にありがとうございました。

慎重に検討いたしました結果、誠に残念ながら貴意に添いかねる
結果となりました。
○○ 様のご志望にお応えすることができず、
大変残念ではございますが、何卒ご了承ください。

弊社に応募いただいたことを改めて御礼を申し上げますと共に、
貴殿の今後益々のご活躍をお祈り申し上げます。

面接では良い感じの雰囲気でしたが、面接に行って1ヶ月ぐらい待たされました。
社長が独特の雰囲気でワンマンな感じてヤバそうな会社でした。